エンジンオイル規格 (API)

エンジンオイル規格(API)

ガソリンエンジンオイル規格は、“S”で始まり、これは「サービスステーションオイル(乗用)」と「スパークプラブで着火するエンジンタイプ」の頭文字をとっています。SAで始まり、現在最高規格はSNクラスです。時代で要求される基準や、その時代における最新のエンジンでテストされ合格した規格が最高規格となっています。
一方ディーゼルエンジンオイル規格は“C”で始まり、これは「コマーシャル(商用)」と「コンプレッション」(スパークプラグでの着火方式でなく、圧縮を高めて着火させるエンジンのタイプ)の頭文字をとっています。規格の推移はガソシンエンジン同様です。国産自動車メーカー推奨の最高規格はCF-4となっています。