1. Home
  2. 企業情報
  3. 一目でわかるbpグループ
  4. テクノロジー

テクノロジー

『bpテクノロジー予測』では、技術の進歩がエネルギーの生産や使用方法の変革にあたえ得る影響について2060年までを展望し検討しています。『bpテクノロジー予測』レポートとポッドキャストの配信に加え、当社では専門家とパートナーシップを組み、特定のテクノロジーがもつ潜在的な影響力について具体的な検証を定期的に行っています。

ポッドキャスト・シリーズ

今後最も注目すべきエネルギー技術について、テクノロジージャーナリストのアンジェラ・ラモント氏が、bp内および社外の専門家に話を聞きます。エネルギー技術はどう働くのか。どう発展していくのか。低炭素社会へ移行するための方策となるのか。第1シリーズでは、低炭素の未来へ移行するために太陽光発電、バッテリー、水素、風力がもつ可能性を探っていきます。

9. 風力 – 浮体式洋上発電特集

8 min
 

今回は、浮体式洋上風力発電が開く大きな可能性について考えていきます。世界には、非常に豊富な風力資源に恵まれているものの、沿岸の水深が深すぎる、海底が不安定といった問題で、固定式の風力発電施設を設置できない地域があります。浮体式発電施設はそうした海域で大きな可能性を秘めています。

8. 風力

16 min
 

風力タービンはこの25年間大きく進歩してきました。現在、炭素排出実質ゼロの実現に向けた中心的な役割を担うため、洋上や上空で発電できるタービンが開発・設置されているところです。

7. 水素 – オークニー諸島特集

12 min
 

アンジェラ・ラモント氏がオークニー諸島を訪れ、オークニーが脱炭素化を進めるため、他に先駆けて、電力、エネルギー貯蔵、海運に水素をどのように活用しているか視察します。

6. 水素

13 min
 

ブルー、グリーン、グレー...水素の異なる技術と、ゼロ炭素エネルギー社会の実現に向けて先駆的な取り組みを行うオークニー諸島で、こうした水素がどのように使われているかご紹介します。水素技術は人々に認められるまでに成長したと言えるのでしょうか?

Additional content

5. バッテリー - カート・ケルティ氏

9 min

 

カート・ケルティ氏は、テスラの最初の「電池畑の人間」でした。今回は、バッテリー技術とテスラの双方に転機となった重要な時期について、ケルティ氏にお話を伺います。

4. バッテリー+

10 min

 

バッテリーをテーマにお送りするポッドキャスト2回目は、技術がどう進化しているか、充電時間の短縮にゴルフボールがどうカギを握るのか、良いバッテリーに関する私たちのこれまでの考えが間違っていた可能性など、詳しくお伝えします。

Additional content

3. バッテリー

15 min
 

バッテリーをバッテリーたらしめる要素は何なのでしょうか。再生可能エネルギーを効率的に蓄え、電気自動車の急速な増加に歩調を合わせるために、バッテリー技術はどう進化しているのでしょうか。どのような課題があるのでしょうか。この先もバッテリーに「仕事を任せる」ことができるのでしょうか。

2. 太陽光発電 - ペロブスカイト

4 min


ペロブスカイトとは何でしょうか。これまで聞いたことがないのは、なぜでしょうか。Oxford PV社の技術最高責任者(CTO)クリス・ケース氏は、シリコン太陽電池の数百倍も効率よく太陽光を吸収できるこの合成物質の大きな可能性と限界を検証しています。

Additional content

1. 太陽光発電

15 min

 

太陽光発電技術はようやく人々に評価される技術にまで成熟したのでしょうか。「オフ・グリッド」で電力を賄うとは、実際はどういうことなのでしょうか。電力の「ネガティブ・プライス」は現実のことでしょうか。政府の政策は新しいエネルギー技術にどう影響しているのでしょうか。答えはすべてこのポッドキャストにあります。