カストロール、 新製品

2014年2月18日
本リリースは2014年2月18日に英国・パングボーンで発表されたものの日本語版です。

カストロール、 新製品パフォーマンスバイオNCシリーズを発売

高性能バイオ潤滑油剤の新しい時代へ
世界的な潤滑油製造メーカーであるカストロールは、本日、工場の安全性を高め、効率的な生産コストを実現する高性能な植物油ベースの金属加工油剤パフォーマンス バイオ NCシリーズの発売を発表します。

本シリーズ製品は、製造現場で要求される厳しい切削加工や潤滑性の要求に応え、ミスト、火災の危険、加工面品質等の従来の鉱物油系油剤や植物油系油剤のマイナス面を克服するために開発されました。

新しいパフォーマンスバイオNCシリーズ製品は、カストロール研究所の試験で主要な競合メーカーの同グレードの植物油系油剤と比較して優れた酸化安定性を示しました 。お客様より作業環境の改善に役立つという報告も得ています。また、お客様の切削加工現場において、鉱物油系油剤使用時と比較して、ミストと油煙が大幅に減少した事例の報告もあります 。

また、新発売の植物油ベース油剤は、製造業者の安全な操業と作業環境に妥協することなく、商業的に採算の合うソリューションを提供します。植物油を使用したカストロール パフォーマンス バイオ NC 切削油剤は同グレードの鉱物油系油剤と比較し、ミスト3や油煙が少なくなります。引火点が161℃から282℃と高く、火災の危険や油煙を低減し4、作業現場における健康や安全性を高く保ち、幅広い作業者から支持を得ています。

この新シリーズ製品は、米国、ドイツ、イタリア、日本、中国の製造業者に、高速、高精度な切削と潤滑を提供する真の鉱物油系油剤の代替となる植物油ベース製品が誕生したことを示します。

カストロールの航空・インダストリアル・船舶・エネルギー部門バイスプレジデントのジョン・ケアリー(John Carey)は、以下のように述べました。「カストロールは、現在そして未来にお客様が直面する製造課題に対応する新しい革新的な技術開発に重点的に投資しています。我々の研究開発は、お客様へ最高の性能とバリューを提供する製品を開発します。」

加えて、「新しい植物油ベースの油剤は、高い性能だけでなく、環境への配慮を求める製造業者へ新たな時代を開き、より責任ある油剤利用のニーズに応えます。」と述べました。
  1. パフォーマンスバイオNC切削油剤は、標準的な試験方法を用いて、同粘度のグレードのカストロール製品および競合他社の鉱物油系やエステル系の製品との酸化安定性比較試験を実施しました。
  2. 米国でのパフォーマンスバイオNC使用ユーザーからの評価に基づいています。
  3. ミストは機械的な作用や過度な飛散によって生じます。 空気中に浮遊した微細な飛沫(エアロゾル)は、換気装置の内面へのオイルの堆積、床面へのオイルミストの飛散による滑り、機械の稼働効率に及ぼす電子機器への悪影響や工場内の汚れによる作業環境を悪化の原因となります。
  4. 従来の鉱物油系油剤は植物油系製品に較べ、低い温度で油煙を生じる傾向があります。
新製品パフォーマンスバイオNCシリーズ:
  • パフォーマンスバイオNCプラス
  • パフォーマンスバイオNCライト
  • パフォーマンスバイオNCウルトラライト
  • パフォーマンスバイオNCスーパーライト
テクニカルデータ、用途、健康安全環境(HSSE)に関する情報は、製品安全データシート(MSDS)及びテクニカルデータシートを参照ください。商品の詳細についてはwww.castrol.com/industrial (英語版)をご覧ください。(日本語版:www.castrol.com/japan-kogyo )

カストロールについて

カストロールは、金属加工油剤の世界的な技術リーダーであり、金属加工の性能、生産性と品質を向上する先進技術の製品開発と生産に100年以上の経験を有します。

シンセティッククーラント、ソルブルクーラントや不水溶性油剤は、研削加工、フライス加工、旋削加工、ねじ切り加工、リーマ加工、ブローチ加工、ドリル加工、深穴加工等の機械加工において、経済的、効率的に性能を発揮し、常に継続的な性能の維持を要求されます。 カストロールは塑性加工油剤、クリーナー、防錆剤の製品群も提供します。

カストロールは、お客様の問題解決、ニーズを理解する工業専門のグローバルチームを有し、航空産業や自動車産業を含む多くの産業に対応します。

当社は、ダウンタイムを低減し、機械の寿命を延長する金属加工油剤の優れた知識と経験を有します。 この製品は不水溶性油剤、シンセティッククーラント、ソルブルクーラント、塑性加工油剤です。

カストロールはカストロールブランドにて、130か国以上の国で1万2千人以上の従業員を有し、特に金属加工油剤の最先端技術で活躍しています。

2000年7月にカストロールは、BPの傘下になりました。 カストロールの創造的で革新的なマーケティングとブランドマネージメントの専門知識はBPの高利益、実績主導型のビジネスに適合します。

BPジャパンについて

BPジャパンはBPグループの100%子会社として1960年より日本で営業しており、石油製品の輸出入、LNG、石油製品の輸入販売、並びにカストロールブランドでの工業用、船舶用潤滑油販売などを手がけています。



本発表に関するお問い合わせ先:

BPジャパン株式会社 広報
Tel: (03)3796-6404
Email: info.japan@bp.com


アシュトン・コンサルティング・リミテッド
東川/ウォールバトン
Tel:   (03)5425-7220 
Email: b.wallbutton@ashton.jp