BPは本日トランスオーシャン社が下記の声明を発表したことを確認

発表日:2010年4月21日

トランスオーシャン社(Transocean Ltd)半潜水型掘削施設ディープウォーター・ホライズンでの火災を報告

※こちらは参考訳で、正式なリリースは英文のものとなります。

トランスオーシャン社 (NYSE: RIG) (SIX: RIGN) は、本日半潜水型掘削施設ディープウォーター・ホライズンでの火災をご報告いたします。この事故は、2010年4月20日の米国中央時間のおよそ午後10時に米国メキシコ湾で発生いたしました。施設はルイジアナ州から約41マイル(約66キロ)沖のミシシッピ・キャニオン第252鉱区にありました。 

トランスオーシャン社の緊急・家族対応チームは現場の全作業員の方のお世話と行方不明者の捜索を、米国沿岸警備隊とリースオペレータのBPエクスプロレーション&プロダクション社と共同で対応に当たっています。現場にいた126名の大多数は無事ですが、何名かの方の行方が今現在未だ判明しておりません。負傷された方々は必要に応じて治療を受けられています。負傷者のお名前とご住所につきましては、ご家族にご連絡するまで差し控えさせていただきます。 

トランスオーシャン社に関しての詳細はウェブサイトwww.deepwater.comをお訪ね下さい。ウェブサイト上に掲載されている資料はトランス・オーシャン社プロキシーステイトメントと2009年会計報告書にございます。

発信者: トランスオーシャン社
お問い合わせ先
BPロンドン 広報
電話: +44 207 496 4076