BPのトニー・ヘイワードCEOが辞任、 後任はロバード・ダッドリーに

発表日:2010年7月27日
BPは本日、取締役会との相互合意によりトニー・ヘイワードが2010年10月1日付でグループ最高責任者を辞任することを発表しました。 後任には、同じく10月1日付でロバード・ダッドリーが就任いたします。 

BP会長のカール・ヘンリク・スバンベリ(Carl-Henric Svanberg)は次のように述べています。「取締役会はヘイワード氏の辞任を心から残念に思います。ヘイワード氏は約3年にわたり、当社の業績を押し上げることに成功してきました。その功績は多くの人びとから当然賞賛されてしかるべきです」

「マコンド油井の爆発とそれに続く環境の損失という悲劇の後は、流れが大きく変わりました。BPが素晴らしい資産と優秀な人材に恵まれ、世界のエネルギー需要を満たすという重要な役割を担う優れた企業であることに変わりありません。しかし今後は、これまでとは違う企業に生まれ変わります。そのためには、堅固な統治体制と熱意あふれる取締役会に支えられた新たなリーダーが必要です」 

「ボブ・ダッドリーという優秀な後継者に恵まれて、当社は非常に幸運です。ダッドリーは米国ならびに海外の石油業界で経験を積み、非常に厳しい環境にあっても有能な経営者として実力を発揮してきました」とスバンベリは述べています。 

ボブ・ダッドリー (54) はBPの主要取締役のひとりであり、現在はメキシコ湾の原油除去作業と補償金プログラムを担当する最近設置された組織を指揮しています。1998年にアモコ社とBPが合併後、アモコ社から入社しました。2008年まではBPのロシア合弁企業TNK-BPの社長兼CEOを務めていました。 

「BPの自信と評判を取り戻す仕事を任されて光栄ですが、現在の状況には胸が痛みます。トニーに対しては、2007年のCEO就任以来の業績についても、不断の努力でメキシコ湾の惨事に対処してこられたことについても最大の賛辞を惜しみません」とダッドリーは述べました。 

「この先待ち構えている任務の性質を軽んじるわけではありませんが、BPは業界トップクラスの恵まれた資産と専門家チームを擁する、財務的に健全な企業です。資産と専門家の両方に恵まれ-これに戦略的に明確な方向性が加われば-BPを再生への軌道に乗せることができると思います」
就任に伴い、ダッドリーはロンドンに拠点を置くことになります。現在米国で担っている職責はBPアメリカの会長兼社長のラマー・マッケイに引き継がれます。「特にメキシコ湾岸の住民の皆様にはご理解いただきたいと思いますが、責任者がマッケイに代わっても、湾岸地域の復旧と補償に対する私の責任が減ぜられるわけではありません。事を正すと皆さんにお約束しました。私はその約束を守ります」とダッドリーは述べています。

ヘイワードは2010年11月30日までBP取締役会に留まります。BPはヘイワードをTNK-BPの非業務執行取締役に任命する予定です。 

辞任を決めたことについてヘイワードは次のように述べています。「メキシコ湾での石油掘削基地の爆発は恐ろしい悲劇でした。事故が起こった時点でBPを預かっていた者として、たとえ(現在の)非難が最終的に偽りだと判明したとしても、それとは関係なく、この悲劇に対する痛切な責任感が私の心から消え去ることはありません」 

「事故が起こったその日から私は、原油漏れを止め被害を抑えるBPの取り組みを自分が指揮しようと決意しました。こうした対策作業は、規模においても費用の点でも前例のない複雑なオペレーションになるからです。われわれは今ようやく原油流出箇所にフタをしました。現在、流出した原油を除去し、正当な請求のすべてに対して補償金を支払うために全力を尽くしているところです」 

「事故対策に従事してくださったBP社員の皆様、ならびに当社の作業に参加してくださった湾岸地域の何千人という皆様に感謝申し上げます」 

「取締役会と相談のうえで出した辞任という決定は、今回の悲惨な出来事を通してBPが示してきた責任と矛盾するものではありません。マコンド油井の事故を受けてBPは生まれ変わります。新しいリーダーのもとで次の段階に進むのは当然のことです」とヘイワードは述べています。 

「退任までの数ヵ月間、ボブ・ダッドリーと協力して引継ぎを滞りなく進めます。30年近くにわたりBPで働き、最後の3年はBPを指揮することができたのは光栄なことです。悲しいことに、多くの素晴らしい同僚や友人たちと別れることになります。彼らの支えがあったおかげで、これまでの間、この偉大な会社は数多くの業績を挙げることができたのです。その業績がメキシコ湾の悲劇で曇ってしまい残念に思います」 

雇用契約の条件によると、ヘイワードはCEOの辞任手当として給与1年分、金額にして104万5,000ポンド(約1億4,270万円)を受け取るとBPは述べています。